クラミジアは、もっとも感染者の多い性病で決して珍しいものではありません。
感染するルートで最も多いものは性交渉によるものですが、通常のセックスだけでなく、オナクラなどのオーラルセックスでも感染してしまう方が増えているので注意が必要です。
クラミジアの症状は、男性の場合ほとんど気づかれない方が多く、よほど重症化しないと傷み等はありません。
それでも尿管から膿が出たり、排尿の時に違和感があるなどの症状が見られることもあります。
女性の場合はとくにおりものが増えたり、下腹部痛があったりするケースがあるのが特徴ですが、男女とも症状がわかりにくいため、感染の自覚なく性交を繰り返して広まっていくのがクラミジアの問題なところです。
このクラミジアに効果的な薬がジスロマックです。

ジスロマックとは、有効成分がアジスロマイシンの抗生物質です。

ジスロマックは、マクロライド系抗生物質で、病原細菌の蛋白合成を阻害することで細菌の増殖を防ぐ働きをします。
この薬はクラミジアにも高い抗菌効果があることで知られていますので、クリニックなどではまずこのジスロマックが処方されます。
この薬の特徴は抗菌期間が大変長く、効果が持続するという点で、しっかりと処方された分の薬を飲めば、多くのクラミジアを治癒させることができるのです。
処方された薬が飲み終わったあとに、検査をしてクラミジアが陰性になったならば、完治したということになります。
この薬に耐性がある菌で、陽性になった場合には、クラビットなど他の抗生物質が処方されることになるのです。